30男が「ストーンズ」を1週間で53時間40分聴いた、その効果効能

SixTONES

やっぱり一度詳しく知っておく必要があるよなぁ、ストーンズ。

30代も折り返し地点を迎えた男が言うと、何を思い浮かべますか。やはりロック界のレジェンド、『The Rolling Stones』でしょうか。いやいや、いま自分が気になるストーンズ、それは

『SixTONES』

なのです。
知ってますか?SixTONES(特に同世代以上のみなさん)。これでストーンズって読むんです。ジャニーズ事務所所属の6人組グループで、最近は色々なテレビ番組・映画で見ることも多いですよね。・・・・・・と偉そうに言っていますが、自分もそこまでよく知らず。6人組だったよな?とネットで改めて確認するくらいの知識。

注目しだしたのは、2ndシングルの『NAVIGATOR』をラジオで聴いてからです。これは繰り返し聴くと思いました。実際に昨年7月のリリース以降、今も月1回以上は聴いています。
ただ『NAVIGATOR』を知って1年、気になりつつも他の曲には触れていない状態でした。

ジャニーズは好きで、よく聴いていたのはSMAPやTOKIO、V6あたり。久々に気になるグループが出てきたけれど、他に聴きたいラジオも、読みたい本もあります。このままではどんどん後回しになってしまう・・・・・・。

「ずっと後回しにするくらいなら、一度集中して聴いてみようかな。」

ということで、一念発起することにしたのです。
生半可に一度聴いても仕方ない。なので、30男である自分がSixTONESを知るために、あえてこんなチャレンジをしてみることにしました。

1週間絶えずSixTONESを聴けばよく知ることができるのか、効果効能チャレンジ!!!

【ルール】
①1週間起きてから寝るまで、聴ける間は絶えずSixTONESの楽曲を聴く。
②仕事中や入浴時など、聴ける環境が無い場合は除外する。
③1週間聴いて分かった効果効能をレポート。

そしてSixTONESの楽曲ですが、初のフルアルバム『1ST』(通常版)にしました。13曲も収録されていて、彼らを知るのにピッタリ。
今年の1月発売なので、今さらかと思うかもしれません。ですが30男・SixTONES初心者のチャレンジ、あたたかい目で見てやって下さい。

【事前準備】

チャレンジするにあたり必要な準備、それはアルバムの入手!ということで、ある日の仕事帰りに行ってきました、久々のCDショップ。そして買ってきました、アルバム『1ST』!

PCに取り込み音楽プレーヤーにも転送し、準備完了。

SixTONES 事前準備

これで、いつでもどこでも聴ける状況が整いました。いよいよチャレンジ、スタートです。

【1日目】

・8:00 起床
この日は仕事が休み。つまりは1日中聴いていられるということか・・・・・・!

・8:05 チャレンジ開始
まずは1度普通に聴いてみました。曲目と、率直な感想はこんな感じです。

1曲目『ST』:
最初からかなり飛ばすロックな曲。途中に入るラップが「ST」のつく単語で韻を踏んでます。歌詞を見ないと気づかないけど、こういう韻の踏み方もあるんですね・・・・・・面白い。

2曲目『NAVIGATOR』:
もう文句なしにいいです。自分のSixTONESの入り口はこの曲。何度聴いたって良いし、いつ聴いてもやっぱり気分が上がります。

3曲目『Special Order』:
これまでの2曲から変わって、和の感じ・・・・・・?曲のイントロの印象かもしれません。

4曲目『NEW ERA』:
これも和の感じがあり、でも中身はめちゃくちゃロック。最初と最後の印象ですかね。『Special Order』からの流れが良く、疾走感があります。

5曲目『Curtain Call』:
一気に曲調が変わります。ちょっとチルっぽい(まったり落ち着くような)曲なのかなと思ったけど、歌詞見ると違いますね。失恋とか、恋の終わりの曲。

6曲目『Dance All Night』:
全編英語詞。『Curtain Call』とは全く違いますが、流れがガラッと変わる感じじゃないんですよね。スッと入っていける聴きやすさがあります。

7曲目『S.I.X』:
聴いてすぐライブ映えの曲だと分かります。手を叩く、声をあげる、身体を揺らす感じが既に想像できる曲。

8曲目『Coffee & Cream』:
これはチル曲、歌詞にもそう載っていますね。SixTONESはまったりな曲のほうが珍しいんですかね・・・・・・?

9曲目『Imitation Rain』:
『Coffee & Cream』からピアノの音が印象的になっていて、まさにピアノの際立つ曲です。曲自体は知っていましたが、アルバムの流れの中で聴くとすごく聴きやすい。

10曲目『Lifetime』:
これもピアノの響きが印象的。初回版と通常版でこのあと別々の曲が入っていますが、ここが『1ST』の区切りだと分かります。だけどまだ続いてもいきそうな、壮大な曲です。

11曲目『うやむや』:
またまたピアノの印象で、『Lifetime』の後でもすんなりと聴き続けられます。絶対MVと合わせて聴くのがいいです。ジャニーズの見方がちょっと変わります。

12曲目『Mad Love』:
ここからまた曲の感じが変わりますね。正直これは難しい・・・・・・、聴き込んだら曲の魅力が分かってくる気がします。

13曲目『Telephone 1ST ver.』:
通常版のラスト曲。前の『Mad Love』も、この曲につながることでアルバムの中で浮かないんですよね。最後までスルスルと聴けてしまうのが、『1ST』の一番の良さなのかもしれないです。

・10:40 3周聴いて、一旦入浴のためストップ

・11:10 チャレンジ再開
聴いて、聴いて、どんどん聴いて。基本的に何をするにもBGMに『1ST』が流れています。

・21:40 就寝のため、1日目チャレンジ終了
初日からSixTONES漬けになりましたが、あと6日聴いていきます!

【1日目の効果効能】

・聴いた回数:14周(全曲14回聴いて終了)

・効果効能メモ:
13曲あるけど全体で60分弱、とても聴きやすいアルバムです。いろんな曲がゴチャゴチャ入っているのではなく、前後の曲に共通点や近いところがあると感じます。流れでスッと聴けますね。
『NAVIGATOR』は本当に何度でも聴けます。
『Coffee&Cream』を聴きながら休日午後をゆっくり過ごすのはチルです。

【2日目】

・4:30 起床
仕事のためこの時間に起床。シャワーで目を覚まし、出社の準備をします。仕事やそのほか日常生活をしながらのチャレンジです。

・5:25 出発・チャレンジ再開
家を出た瞬間から『ST』は疾走感がありすぎて目が覚めます。朝焼けとともに電車を待ちながらSixTONES。

SixTONES 2日目①

・6:27 オフィス到着・一旦チャレンジストップ
この日2周目の『NAVIGATOR』を聴いて中断です。

・17:30 退勤・チャレンジ再開
オフィスを出たらすぐにSixTONES。

SixTONES 2日目③

食事中だって。30男の簡素な夕飯に、SixTONESは良いスパイスになります。

SixTONES 2日目④
納豆トーストを食べながらの『Telephone』。曲には無関係ですが納豆トーストは美味しいです。

・21:41 就寝のため、2日目チャレンジ終了

【2日目の効果効能】

・聴いた回数:5周(全曲5回聴いて終了)

・通算回数:19周

・効果効能メモ:
『ST』は目覚めに合う、即フルスロットルって感じです。
2日も聴いたら歌えるようになってると思ってたら、全く歌えません。高度すぎる。

【3日目】

・4:30 起床
いつも通りシャワーで目を覚まし、出社の準備。

・5:25 出発・チャレンジ再開
この日も『ST』から聴いていきます。もう身体がSixTONES仕様になってきました・・・・・・。夜明け前の空を見ながらイントロが流れるだけで目が覚めるように。

・6:28 オフィス到着・一旦チャレンジストップ
この日2周目の『NAVIGATOR』を聴いて中断。

・18:10 退勤・チャレンジ再開
今日も今日とてオフィスを出たらすぐにSixTONES!

SixTONES 3日目①

明日は休みだ、仕事も無い。ということで晩酌をすることにしました。
普段家では全くお酒を飲まない30男。このご時世もあり、飲酒自体が半年ぶりです。でもせっかくSixTONESを聴いているし、お酒との相性も調べてみることに。

SixTONES 3日目②

1杯目はレモンサワー、おつまみはポテトチップス。『NAVIGATOR』を聴きながら、ちびちびと飲み進めていきます。・・・・・・と思っていたのですが、『S.I.X』を聴き出すとペースアップ。さすがの盛り上げ曲、酒を飲む手まで速くなりますね。

SixTONES 3日目③

予想外のペースで『S.I.X』が終わるころには1杯目が空に。おつまみもなくなり、2杯目突入。『Imitation Rain』を聴きながら、チューハイとミックスナッツ。しっとりした中で飲むお酒も美味しいな、と思いつつ曲が変わるとまたお酒も進みます。久しぶりすぎるお酒のせいか、曲を聴くのも気持ちよくなって、フワフワしていって・・・・・・。

・22:00過ぎ 寝オチのため、3日目チャレンジ終了

【3日目の効果効能】

・この日聴いた回数:6周(全曲6回聴いて終了。というかそこから先は覚えていない)

・通算回数:25周

・効果効能メモ:
お酒×SixTONES=最高。とくにアルバム中盤はお酒が進みます(お酒は20歳になってから)。
『S.I.X』はテッパンのライブ曲であり、パーティーソングであることを改めて確信しました。

【4日目】

・8:30 起床
休みのためこの時間に起床です。

・9:00 チャレンジ再開

・10:00 入浴のため一旦チャレンジストップ
1周目を聴き終わって中断しました。

・11:00 散歩
この日は30度を超える真夏日。暑い、暑すぎます・・・・・・。こればっかりはSixTONESを聴いてもどうにもならないので、コンビニに何度も避難する結果に。

・13:00 帰宅
昼間もずっと聴いて(ちょっと昼寝したけど)、絶えず聴く、聴く、聴く。
洗い物するのもSixTONES、洗濯物干すのもSixTONES、洗濯物たたむのもSixTONES。

・21:59 就寝の為ストップ

【4日目の効果効能】

・この日聴いた回数:12周(全曲12回聴いて終了)

・通算回数:37周

・効果効能メモ:
SixTONESを聴いても、灼熱の真っ昼間には敵わないこともあります。
(やっと)メンバーを覚えました。顔と名前が全員一致するように。

【5日目】

・4:30 起床
チャレンジ後半戦。とはいえ起きてからはいつも通り。

・5:25 チャレンジ再開
聞き続けた結果、出社時のモーニングルーティンが完成!

【30男のSixTONESモーニングルーティン】
①家を出ると同時に『ST』から聴きだす・・・・・・目が覚めてしっかり駅まで歩けます。
②駅のホームで電車を待つ間に『Curtain Call』・・・・・・恋の終わりの曲のはずなのに、太陽が昇りそうな空と合わせてちょっとゆったりした気持ちに。
③『S.I.X』を聴きながら電車に乗り込む・・・・・・このあとは落ち着いた感じの曲が続くので、目をつぶって身体を休ませながら過ごします。
④降車駅に到着すると、アルバムが1周終わる・・・・・・2周目の『ST』『NAVIGATOR』でもう一度目を覚ましてオフィスへ。

・6:27 会社到着のためチャレンジストップ
2周目の『NAVIGATOR』を聴いて中断です。

・17:17 退勤・チャレンジ再開

SixTONES 5日目

・21:37 就寝の為ストップ

【5日目の効果効能】

・この日聴いた回数:5周(全曲5回聴いて終了)

・通算回数:42周

・効果効能メモ:
『1ST』のモーニングルーティンが完成。ファンの方でも未経験なら、『Curtain Call』は一度夜明け頃に聴いてほしいです。

【6日目】

・4:30 起床
言うまでもなくいつも通りの起床。毎日こんな早起きでえらい。

・5:26 チャレンジ再開

SixTONES

モーニングルーティン発動。ちなみに乗車駅に着いたらホームで電車を待ちながら、『NEW ERA』~『S.I.X』を聴いていることが多いです。

・6:27 会社到着のためチャレンジストップ
2周目のNAVIGATORを聴いて中断です。

・17:20 退勤・チャレンジ再開
この日は雨なんですが、雨の日のSixTONESがまた合うんですよね。

SixTONES 6日目

なんで夜明けとか雨が合うんだろうなといろいろ調べてみました。その中で、もしかして意図があるのかもと思ったのが「歌詞カード」です。
『ST』『NAVIGATOR』のページは真っ黒な背景に歌詞。次のページの『Special Order』『NEW ERA』のページは下のほうが少し紺色がかっていくんです。そこから次へとページを繰っていくと、夜明けに空が白んでいくように薄く色づいていきます。

それぞれの曲は『夜明け』を意識しているものばかりではないと思います。なのに、ひとつのアルバムに集約されると夜明けをイメージするような構成。音楽ってこんなことが出来るのかとめちゃめちゃ面白くなりましたし、鳥肌立ちました。

・23:26 就寝の為ストップ

【6日目の効果効能】

・この日聴いた回数:8周(全曲8回聴いて終了)

・通算回数:50周

・効果効能メモ:
どうしてこのアルバムが夜明けに合うのか、歌詞カードを見れば分かる(かもしれないです)。
雨の日は『Imitation Rain』がアルバムの中でも引き立ちます。

【7日目】

・10:30 起床
休みのためこの時間に起床。今日でチャレンジは最終日。風呂に入って再開します。

・11:30 チャレンジ再開
前日までに50周もこのアルバムを聴いて、思ったこと。

「・・・・・・歌えん!」

13曲のうちどれか1曲でも歌えるようになりたい。ということで、最終日は歌詞カードを見ながらじっくり聴くことにしました。そもそも聴いているだけでは、初心者の自分は誰がどこを歌っているか歌割りすら分からない。ラップパートは田中樹さんが主に担当しているのは分かります。あとは特徴のある高音で京本大我さん、低音の響く感じで松村北斗さんが一部分かるくらい。
SixTONESのオフィシャルサイトには『うやむや』の歌割りがアップされていて、見てみたのですが・・・・・・

「こりゃ分からん!」

どんどんメンバーが代わる代わるで歌うし、歌割りのグラデーションが複雑すぎるんです。今までは「キャッチー」「分かりやすい」のが、ジャニーズのグループの特徴だと思っていました。ですが、英語詞は多く、ラップが入るのがスタンダード、おまけに歌割りも複雑。完全に自分のジャニーズのイメージをひっくり返しています。サビのフレーズなどは覚えられるのですが、1曲まるまる何も見ず歌えるには至らず・・・・・・。
チャレンジ最終日に、SixTONESのすごさを改めて知りました。

・22:55 終了
改めてじっくりと最後の1周を聴いて、チャレンジ終了。SixTONESばかり聴いた1週間が、ここで終了しました。ありがとうございました。

【7日目の効果効能】

・この日聴いた回数:12周(全曲12回聴いて終了)

・通算:62周

・効果効能メモ:
それぞれの曲でサビなどの一部はちょいちょい歌えるようになりました。けれど1曲まるまる覚えて歌える曲はなし。これ覚えて歌えるファンの方、相当すごいと思います。

1週間SixTONES『1ST』を聴き続けた効果効能

1週間でアルバム『1ST』を62周、計53時間40分聴いた30男の効果効能は、こんな感じです。

・まず1週間聴き続けられる
どこかで聴きたくない日が来るかもと思っていたけど、全然聴けます。

・夜や明け方、雨の日に合う
クールなイメージがあるからなのか、ちょっと暗い感じの時間帯に合います。特に夜明けの空が白みだすときに、大きすぎない音程で聴くと気持ちいいです。

・メンバーの顔と名前が一致するようになった
もう何も調べなくても6人が分かるし、名前と同時に顔も浮かびます。

・覚えて歌えるようになった曲は、残念ながら無し
全編英語詞の曲やラップが随所に入っている曲は、まず覚えるのも難しいです。SixTONESはこれを覚えて踊りながら歌って、長時間のライブまでこなすのか・・・・・・すごすぎです。

・でもイントロを聴いたらどの曲かは分かる
通常版の楽曲に関しては、イントロクイズで全問正解できます。ところどころのフレーズは覚えているので、曲が流れたら絶対にノレますね。

ファンのみなさんからは、「そんなもんか」「全然だな」との声が聴こえてきそうですが・・・・・・。1・2曲しか知らないところから始まったと考えると、進歩と言ってもいいのでは?

もし30男のやってきた感じではSixTONESも『1ST』もよく分からん。という方は、オフィシャルサイトをご覧になってください。『1ST』のこと、よく分かります!百聞は一見に如かず(オイ)。

ただし、楽曲の良さはどれだけサイトを見るよりも、やっぱり何度も聴くと分かるはず。30男のチャレンジの一番の成果は、自信を持ってこう言えることです。

SixTONES、いい曲たくさんあります!『1ST』は聴いたほうがいい!

8月には新しいシングル『マスカラ』が控えているSixTONES。なんと常田大希さん(King Gnu/millennium parade)が楽曲提供したのだとか。
まだまだ知らないことばかりですが・・・・・・。これからもSixTONESの曲をどんどん聴いていこうと思います。